2019年9月16日(月)
東京からベトナム航空でホーチミンへ。
くもり時々雨。

まとまった時間ができたのでどこかに行こうと思った結果、気付いた時にはベトナム行きのチケットをポチっていたのが数日前のこと。結局直前までロクな準備ができなかったので、とりあえず買った地球の歩き方と、ありったけのフィルムをカバンに詰め込んで雨の東京を出発。現地でのことは現地に行ってから考えよう。まずはベトナムに飛ぼう。背中に背負ったいつものバックパックと、去年ミャンマーをさんざん歩き回ったモンベルのビーチサンダル。PENTAX LXとSIGMA DP1 Quattroを首から提げて、ホーチミン行きのベトナム航空に搭乗した。

飛行機は定刻通りにタンソンニャット空港に到着。離陸前の「緊急時の対応に関するムービー」は抽象的過ぎて良く分からなかった。エアライン各社のムービーを順番に上映する会とかやったら楽しそうじゃない?空港のATMでドンを引き出そうとしたけどアウトオブサービス。のっけから出鼻をくじかれる。仕方がないので窓口で現金から両替。およそ5,000,000ドン近い現金を全て紙幣でバサーっと渡される。一番高額な紙幣が500,000ドンで日本円にしておよそ2,500円。これがインフレというやつか。ドンの表示金額を200で割れば日本円換算できるけど面倒くさそうだなぁ。次に現地SIMカードの確保。一番大手のViettelをチョイス。Grabのアプリを使ってみたかったので音声通話付きのプランにした。

まずは路線バスで市街地へ向かおうと決めていたので乗り場へ向かう。タクシーの運ちゃんが次から次へと声を掛けてくるけどスルー。ヘィミスターGrabって知ってるか?って話しかけてくる運ちゃんもいたけど、宿に着いてからセットアップするから今はイイよと受け流す。乗り場のスタッフに次来るバスを聞くと10分後だと言うのでしばし待機。15分くらい経って、もう一度聞いてみるとまたしても10分後には来るよ!オイ!しばらく待って、ようやく入ってきたバスに乗車。発車。道路に出ると、イワシの群れみたいなバイク集団に飲み込まれる。車窓から見える車は左ハンドルのマニュアル車ばかり。ミャンマーと違って日本からの輸入車は少ないのかな。街の中心部にある宿が集まるエリアに近いバス停で降りて、そこから少し歩いた場所にある宿にチェックイン。バス停から宿までのほんの数百メートルの間で早速バイクに轢き殺されそうになる。この国では赤信号で止まるという概念などないのである。宿では若い女の子が1人で店番をしていた。

荷物を置いて、近場をプラプラ、それから適当な店に入ってビールと飯。ベトナムに来たらまず333だろ!と思ったけど、ホーチミンで作ったクラフトビールがあるというのでそっちにしてみる。シャビっとした東南アジアのビール。目の前を絶え間なくバイクが往来する風景。たまにフラフラっと行商のオジサンが入ってきてサングラスを売りつけてくるので、持ってるから要らないよとやんわり断る。店のお兄さんに街の名をホーチミンと呼ぶべきかサイゴンと呼ぶべきか聞いてみると、サイゴンは街の中心の歴史的なエリアだけを指すから、若い人はみんなホーチミンって呼んでるよと教えてくれた。東京と江戸みたいなものか。いやちょっと違うか。

路地を歩くとマッサージの勧誘が凄い。呼び込みってレベルを超えていて、いきなり抱き着いて店の中へ連れ込もうとしてくる。これ絶対ぼったくりオプション付きのやつでしょ?余計なトラブルには巻き込まれたくないのでスルー。夜の街をガッツリ徘徊したかったけど何だか疲れちゃったので、今日は早々に終わりとする。あぁベトナムか、自分はいまベトナムにいるのか。今日の朝は東京にいたのに。まるで週末にフラッと長野まで遊びに行くような感覚でベトナムに来てしまった。ベトナムでは何ができるんだろう。そもそもベトナムには何があるんだろう?でも予感するのは、きっと何もしなくてもそこら辺をフラフラ歩くだけでも楽しそうだなということ。さーて明日は何しようかなぁ。