東京は情報過多である。
通りを1回歩いただけではとても処理しきれない情報量が目に入り込んでくる。
人混みに揉まれながら情報に揉まれながら今日を生きる。
東京での人生は情報過多である。